土地を買うために知っておかなければならない法律

土地を買う時の法律を知るサイト

土地の購入について

このサイトでは、この世界に当たり前のように存在している「土地」を、いざ自分自身で買うにあたって、どういった法律やルールによって管理されているのか、そして方法で購入すればよいのか、ということなどについて、解説していきたいと思いますので、これから土地の購入を考えている方々はもちろん、どこかしらに住んでいる皆さんも、今一度、自分自身が住んでいる「土地」がどういった根拠で成り立っているのかということについて、一緒に考えていくきっかけの一つとなれればと考えています。
また、私たちが住んでいる「日本の土地」は、これまでどのような形で管理あるいは支配されてきたのか、その仕組みの変遷や、かつて日本中が「土地を買う」ということにのめり込んでいった「バブル景気」とはどういうものであったのか、ということについても振り返っていくことで、自分たちが土地の購入に関わるにあたって、過去のような失敗を繰り返さないことを目指していきたいと思いますので、最後までお読みいただけますと幸いです。
古今東西、人間が住んできたのは「地面」であり、空中や海中で住んでいた人はいません。時代が下っていくにつれて、集合住宅や高層マンションなど、縦に縦に人間は居住空間を増やしていきましたが、それでも、それらの住宅が建つのは「地面の上」であり、やはり「土地」と人間は切っても切れない関係にあるのです。そんな「土地」を、皆さんでもう一度一緒に考え直していきませんか?

土地の購入方法や法律について知ろう

最初のこちらの1ページ目においては、「土地を買う」という、当たり前のようでいてその経験が実は無い方が多いこの買い物について、どうやって買うのか、誰に頼めばいいのかという基本的な部分から、できる限り分かりやすく解説していきたいと思いますので、導入として肩の力を抜いてお読みください。

土地を買うにあたって守る法律

こちらの2ページ目においては、「土地の買い方」について学んだ先のページから更に発展して、本題として、「土地を買うにあたって守らなければいけない法律」について、知っておくべき部分を特に重点的に、尚且つ理解しやすいように平易に解説していくことを心がけていきますので、そのままお読みください。

土地の購入に関する今昔を知ろう

最後のこちらの3ページ目においては、「土地の購入」について、この日本において、どのような歴史があったのか、そして財を成した人たちは、どういう「土地の買い方、土地の取引の仕方」をとってきたのか、そういったことを紹介していきますので、先人の知恵をできるだけ学んでいきましょう。